2020.

7.16

2020.07.04 up date
STAND

移住の前のプロジェクト参加?地域への関わり方を探ろう。

この記事をシェアする
日時
2020年07月16日 (木) 20:00〜22:00
場所

オンライン

参加費
無料

7月は京都移住計画の藤本さんを迎え、
全国の関係人口と茨城の関係人口プロジェクトの動向についてお話します。
京都でもコロナ禍の中でも
移住イベントを独自にすすめコミュニケーションをとっています。
細やかな対応と参加しやすい雰囲気作りをしている京都の活動をヒントに、
これからの地域への関わり方について議論を深めていきます。

また、茨城県側からは茨城移住計画とともに
企画を進める株式会社リビタの増田さんに登場いただき
どのような想いで茨城の関係人口の入り口作りをしているのかを伺っていきます。
茨城県で進めているif design projectは今年で3期目を迎え、
まさに7月に告知がスタートするタイミング。
これまでの参加者と成果を振り返ります。
また新しく始まった茨城での活動の初動期を応援する
STAND IBARAKIについても、参加方法などお伝えします。

登壇者紹介
藤本 和志
▼株式会社ツナグム/京都移住計画 東京の人材紹介会社の人事新卒採用を行った後、学生時代を過ごした京都にフィールドを移す。 株式会社ツナグムに所属し「京都移住計画」や「京都移住コンシェルジュ」として京都ならではの「居職住」のライフスタイルを企画提案し、京都と全国をつなげる活動を行う。 その他、地方出身者が多い京都と全国(地方)をつなげる若手県人会コミュニティ「meetslocal」プロジェクトや、京都北部のUIターン者とローカルビジネスをつくる北部7市町連携事業など、官民連携やローカルの事業企画が得意。何事も小さくはじめて、好きなことを事業にしていくタイプ。 趣味は「旅と銭湯とはしご酒」。雑談が好き。
増田亜斗夢
株式会社リビタ チーフコンサルタント。東京工業大学大学院 社会工学専攻を修了後、都市計画コンサルタント事務所にて、地方自治体や国交省、UR等を中心に地域活性化に向けた戦略検討等、50超のプロジェクトを行う。株式会社リビタへ入社後、シェアスペース等の運営業務やコンテンツ企画、遊休不動産の活用企画やなどを地方・都心関わらず行う。茨城県の移住促進事業のプロジェクトマネージャーも務める。