2021.

1.14

2021.01.04 up date
STAND

1/14 関係人口プロジェクトから茨城にUターンした3人の話を聞こう! STAND TOKYO

この記事をシェアする
日時
2021年01月14日 (木) 20:00〜22:00
参加費
無料


1月は、茨城県の関係人口プロジェクト「if design project」に参加した人のその後にフォーカス!
▼if design projectホームページ
https://if-design-project.jp/

ローカルなプロジェクトになぜ参加しようと思ったのか
関わっみてからどんなことがおきたのか、
茨城にUターンしてみてのリアルな声を3人から伺ってみたいと思います!

———————–
【こんな人に】
・茨城で働く場所を探している
・これからの働き方に興味がある
・茨城で新しいことをしてみたいと検討している
・茨城で仕事だけでなく、どう関われるか調べていた
もしこんな方がいたら、ぜひ茨城の事例を知って
1月から茨城に少しでも関わっていただけたら嬉しいです!

———–
日時:
2021年1月14日(木)20:00〜22:00(途中10分の休憩を挟みます)
・20:00〜20:50/第1部 ゲストサロン
・21:00〜22:00/第2部 茨城サロン
全部同じURLになります。お話しする時以外はミュート設定でお願いします。
※事務局のほうで適宜サポートさせていただきます。

———–
会場:オンライン:zoomURL(ウェビナーではありません。)
▼こちらお申し込みいただいて、別途メールのほうにURLが届きます。
https://passmarket.yahoo.co.jp/…/detail/01q9ucz3ged11.html
———–
参加費:無料。
※耳だけの参加でも構いません。
———–

プログラム
【第一部 ゲストサロン】
19:50 URLオープン
20:00 オープニング ①stand主旨、②今日のお取り寄せ紹介
20:10 茨城ゲスト1:地域おこし協力隊としてUターン
20:20 茨城ゲスト2:テーマオーナーの紹介でUターン
20:30 茨城ゲスト3:民間企業へUターン
20:40 全体ディスカッション

【第二部 茨城サロン】
21:00 交流ブース(移動可能/事務局・ゲストが入ります)
21:25 部屋交代
22:00  終了

【企画・運営】
茨城移住計画
︎「お盆とお正月以外に、帰るきっかけをつくる」をテーマに、様々な切り口で移住・Uターンの入り口づくりのデザインを行う。

【主催】
茨城県庁

登壇者紹介
坂本裕二
①坂本裕二さん(37歳) 城里町地域おこし協力隊として、2019年Uターン。 if design project 第1期 スポーツ地域に参加。37歳。 水戸ホーリーホックの地域課題に向き合った2018年。参加者時点では横浜に在住。if design projectに参加をし、城里町から声がかかりUターン。現在の城里町でのミッションは、水戸ホーリーホックがクラブハウスとして活用する「アツマーレ」の活用の模索。茨城県日立市出身。 ・城里町地域おこし協力隊  https://shirosato-okoshi.com/
平間一輝
大洗駅に新設された「うみまちテラス」に2020年8月Uターン就職。24歳。 if design project第2期 海×地域に参加。大洗観光協会の地域課題に向き合った2019年。参加者時点では、都内在住の会社員。生まれ故郷が大洗ということもあり、新しい観光施設の一員として転職に。いまもif design projectチームメンバーの「大洗カオス」の一員としてWEBを作成したり、大洗でのコンテンツ開発を行っている。茨城県大洗出身。
飯塚菜月
アーストラベル水戸株式会社に2020年12月にUターン就職。25歳。 if design project第2期 農×地域に参加。結城市の宮崎協業の地域課題に向き合った2019年。参加者時点では、都内在住の会社員。水戸出身で大学で社会学(地域社会学など)観光学を学んだことからUターンでも旅行業会の道を模索。縁あって、水戸の観光会社のアーストラベルに転職。 https://earthtravel2019.com/