2020.

10.08

2020.09.25 up date
STAND

茨城のキャンプ場から配信!茨城の食と農とその楽しみ方。 STAND TOKYO

この記事をシェアする
日時
2020年10月08日 (木) 19:30〜21:30
場所

オンライン

参加費
1000

10月は、茨城の食と農と、その楽しみ方を知るお二方をお呼びします。

▼東京:小規模農家の支援を軸に、オンラインで農スクールを開催するThe CAMPusの井本喜久さん。
・if design project第二期でもメンターとしてご参加していただいた井本さん。
『世界を「農」で面白くする。』をコンセプトに
インターネットをプラットフォームとした『日本の農業の未来を担う若者たちの
” ワクワク” を育むWEB マガジンタイプの学び舎』として2020年にスタートしました。
全国の変態的⁉︎農家を教授に迎え、主に都市部に住む働き盛りな世代に情報を行っています。
いろいろな農家さんと出会っている井本さんからみて、茨城の農はどうすると面白くなるのか伺ってみます!
https://thecampus.jp/

▼茨城:大洗サンビーチキャンプ場の運営管理をするNPO法人海の大学を運営する光又新二さん。
・コロナ禍にキャンプ場が人気となっていますが、
 その前から茨城のキャンプ場の魅力発信の準備をしていた光又さん。
「IBARAKI ANOTHER GO CAMP!」とて茨城県内のキャンプ場やアクティビティが連携したスタンプラリーを始めました。
茨城の地域資源を楽しむ場として、食とのつながりも大きいキャンプ場。
BBQといった食材を焼いて楽しむだけでなく、その時期ならでは食べ方の応用編も教えていただきます!

登壇者紹介
井本喜久
株式会社The CAMPus BASE 代表取締役 一般社団法人 The CAMPus 代表理事 広島の限界集落にある米農家出身。東京農大を卒業するも広告業界へ。 26歳で起業。コミュニケーションデザイン会社COZ(株)を創業。 2012年に飲食事業を始めるも、数年後、妻がガンになった事をキッカケに健康的な食に対する探究心が芽生える。 2016年 新宿駅屋上で都市と地域を繋ぐマルシェを開催し延べ10万人を動員。 2017年「世界を農でオモシロくする」をテーマにインターネット 農学校 The CAMPusを開校。 全国約70名の成功農家の暮らしと商いの知恵をワンコインの有料ウェブマガジンとして約2000名の生徒に向けて配信中。 2020年小規模農家の育成に特化した「コンパクト農ライフスクール」を開始。農林水産省認定の山村活性化支援事業もプロデュース中。 著書に「ビジネスパーソンの新・兼業農家論(クロスメディアパブリッシング)」がある。
光又新二
NPO法人 大洗海の大学  大洗サンビーチキャンプ場 局長 茨城生まれずーっと茨城育ち。 人生で初めて住民票を移動した先はモンゴルの遊牧地。 そこからバックパッカーとしてヒマラヤ登山、モロッコクライミング、イースター島ダイビング、南米巡礼祭などの様々なアクティビティを体験しながら世界一周の旅を行い、最終地のカナダでは単独でキャンプをしながら300キロユーコン川を下り熊と遭遇して九死に一生を得る。 帰国後は自然体験と教育を中心にカヌーのインストラクターやキャンプ場の立ち上げを経て、現在はNPO法人大洗海の大学、大洗サンビーチキャンプ場、茨城キャンプサミットの主催、水戸藩駕籠屋ほいさっさ、茂木エコビレッジなどアウトドアを中心に多岐に渡る活動を行なう。